山・川・海
TDOTには見える

PROMOTION

TDOT 3 Seriesは、
トータルステーションのように
「誰もが高精度に航空レーザー測量ができる」を
コンセプトに開発されました。
i-Constructionや建設DX、
公共測量や工事測量に活かせる
ドローンレーザーシステムです。

TDOT GREENは小さい

性能はそのままの超コンパクト設計

TDOT GREENは、グリーンレーザー搭載にもかからわず超コンパクト設計を実現。機体に取り付けたまま運搬、計測が行えるレーザースキャナシステムです。

TDOT GREENは見える

陸域から浅海域まで広範囲で活躍

TDOTGREENは、グリーンレーザーを搭載しています。陸域はもちろんのこと、従来のスキャナでは困難だった濡れた路面や河床、浅海部などをスキャンできます。

TDOT GREENは地表面が見える

写真測量では、植生が繁茂している箇所の地表面の測量はできません。
植生のすき間をレーザーが通過することで地形を捉える航空レーザー測量の技術をドローンに適用しました。計測した点群データをフィルタリング処理することで、樹木などを取り除いた地表面データを活用できます。

オリジナルデータ(樹木フィルタリング前) グランドデータ(樹木フィルタリング後)

スライドバーを動かすと表示が切り替わります。

TDOT GREENは水底部が見える

多くの航空レーザーシステムや地上型レーザーシステムでは、近赤外線の波長のレーザーが用いられているため、水部を透過することができず、水面下の地形を把握することができません。
TDOT GREENは、水に吸収されにくい波長のグリーンレーザーを採用することで、水面下の地形を捉えることが可能となりました(計測条件に依存します)。

砂浜海岸では、2時期を計測することで浅い海底地形の経時変化を可視化できます。透明度の高い珊瑚礁海域では汀線から水深10mに至る詳細な海底地形形状が捉えられています。
さらに河川堤防、高水敷、低水路と中洲など、河川区域内の水域から陸域まで、連続的かつ詳細に地形を可視化できます。

TDOT GREENは軽い

TDOT GREENは、重量2.5㎏と軽量化が図られており、その飛行時間はDJI社のMatrice300RTKに搭載した場合、概ね25分です。

TDOT GREENは軽い

樹木下の地形計測では、照射数が多いレーザースキャナを用いても、計測時のコース間隔が広いと地盤にレーザーが到達しにくいため、十分に地形を再現できません(左図)。
この課題解決には、コース間隔を狭くした計測が有効です(右図)。しかし、より長い計測時間を必要とします。
TDOT GREENは、コース間隔の狭いフライトプランでも、広域の地形計測を効率的に実施できます。

樹木下の地形計測では、照射数が多いレーザースキャナを用いても、計測時のコース間隔が広いと地盤にレーザーが到達しにくいため、十分に地形を再現できません(上図)。
この課題解決には、コース間隔を狭くした計測が有効です(下図)。しかし、より長い計測時間を必要とします。
TDOT GREENは、コース間隔の狭いフライトプランでも、広域の地形計測を効率的に実施できます。

DJI MATRICE 300RTKにも簡単に取付

TDOT GREENは、運用性を考慮し、軽量コンパクトに設計されています。
DJI社製 MATRICE 300RTKを改造することなく、専用アタッチメント装着だけで搭載できます。
もちろん他のドローンでも、搭載可能重量に余裕があれば搭載可能です。

TDOT GREENは簡単

従来のドローンレーザーシステムは、数多くのデバイスから構成され、最適な状態に設定するのは容易ではありませんでした。
TDOT GREENの操作は、スキャンのON/OFFスイッチのみです。

すべてが自動

自動飛行が可能なドローンに搭載することで、計測前のアライメント(8の字)飛行から計測まで、すべてを自動で行うことができます。

ステータスの確認

構成する各デバイスのステータス監視もお手持ちのスマートフォンで行うことができ、安全かつ適切に測量作業が実施されているかを確認できます。
機器のファームウェアもスマートフォンを通じて自動的にアップデートされます。

リアルタイム断面表示

計測中の断面をリアルタイムに閲覧可能です。
必要な場所が確実に計測されているかを確認できます。

TDOT GREENは早い

TDOT GREENには、複雑な計算処理が必要な最適軌跡解析や点群データの出力、水面下の屈折補正まで、専門知識がなくても現場でのプレビューから成果出力までたどり着けるソフトウェアが用意されています。
すべてのソフトウェアは、チュートリアルの流れに沿って処理を行うだけの簡単操作です。そのうえ高速処理を実現したことで、成果出力に要していた時間を大幅に短縮できます。

プレビューから最終成果の出力まで、
統合された専用アプリケーション

ドローンレーザーシステムを導入する際、スキャナの性能だけが注目されがちです。
アミューズワンセルフは、ドローンレーザー測量の実用化と普及には、測量や機械の専門知識に基づく自動化処理を備えたソフトウェアこそ重要であると考え、システムを設計しました。
その結果、実用レベルに達したドローンレーザーシステムが実現しました。

水面下補正アプリケーション

レーザー光は水面で屈折し、さらに水中では速度が遅くなることから、水面下の地形を再現するには、それらを加味した後処理が必要です。
新たに開発した水面下測量の補正アプリケーションでは、これらの処理も自動的に行われ、人的・時間的ストレスのないグリーンレーザー測量を実施できます。

TDOT GREENの開発経緯

国土交通省水管理・国土保全局では、河川管理や災害対応を効率化あるいは高度化する技術を短期間で実装するための「革新的河川管理プロジェクト」を実施しています。その第1弾として取り組まれたのが、陸域だけでなく水面下の3次元形状の計測を可能にする「陸上・水中レーザードローンシステム」の開発です。このプロジェクトは、要求する技術の仕様や性能を実証するフィールドを国土交通省が提示し、それに応える技術を保有する民間会社のチーム結成を促すことから始まりました。結成された「株式会社アミューズワンセルフ/株式会社パスコ」チームは、国土交通省が用意するピッチイベントを通じて技術の評価を受け、課題を整理しながら実装する技術を仕上げました。このような官民両者のニーズとシーズをマッチングさせる試みが平成28年から始められ、迅速かつ機動的な測量を実現するドローンに着目した開発テーマが選択され、そこで開発・製品化されたのがTDOT GREENです。